tamamurART

tamamurART....by Kenjyo
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND
前橋市
前橋市 (JUGEMレビュー »)

前橋市についてもっと知ろう〜
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
前橋アートコンペ
榊原ですこんばんわ〜きのこブルー
皆さんにメールした内容と同じですが、一応ここにも上げときますね。


■2日の時間変更について

・集合 15時 
・場所 国際交流館(赤かんばん前)になりました。
また、19時からミーティングが同じく国際交流館で行われるそうで、
15時からの準備に参加できない人でこちらのみでも構いません。
(車の人は市役所に駐車してください)

■参加確認について

前回の書き込みで書き忘れていたのですが、5日は市の方から
昼食にお弁当が出るそうです。ひゃほーう☆
その発注数を確認したいので、28日中に榊原まで参加日明記の
連絡をお願いします。参加しない人は連絡ナシで結構です。(連絡ナシは
不参加で計算します。)
メールでも28日の集まりででもここでもOKです。
よろしくお願いします。
| artpro-ball | - | comments(0) | trackbacks(0) |
コミュニティ



mixiにて、tamamurARTと、前橋アート・コンペ・ライブのコミュニティができました。
mixiされている方、宜しくお願いします。
(もし、mixi入りたいという方がいらっしゃれば招待します、言ってください)

mixiとは?→http://d.hatena.ne.jp/keyword/mixi
http://mixi.jp/
| artpro-ball | - | comments(3) | trackbacks(0) |
映画塾『虎の穴』
日が迫ってきました、告知です。県女は参加費を安くして貰えるようです。参加可能な方は、記事に返信をお願いします。





映画塾『虎の穴』
映画上映ワークショップ2006
「流れる」「浮雲」他全五作品上映

KARASUZA
Gunma Community Cinema;MOVEMENT

たちまちのうちに、
私たち心緒となる映画の数々。
時代の流れの中で独自の世界を創造し、
感情移入をも導く《映画》はあたかも、
私たちに無限の生き方を示しているようです。
そして、その表現には、
映像美に絡むように文学、
音楽、舞台、そして風景等々、多くの芸術性がうかがえます。
そのような、《映画》を「観る」こと。
映画を観る「場」を大切に思うこと。
映画塾「虎の穴」はそれぞれの地域での「映画の在り方」を模索します。
美術館や図書館がその芸術の場であるように、
今、私たちは、「映画館」を必要としています。
そして、街は「映画館」を軸として、たくさんの交流、賑わいを見出すことになると信じています。
《空想の映画館:KARASU-ZA》の運動、
その核となるワークショップ・映画塾「虎の穴」は「映画を観る」事を考察し、
語り合い、多くの期待を込めて、《映画》と出会うことから始めようとしています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
連続講座part1
「あう はなす」 日本映画詞?T/1945-1965
日時‖2006年2月11日(土・祝日)13:30-18:00
      2月12日(日)9:30-18:00

会場‖臨江閣(群馬県庁北・中央大橋東詰/前橋児童遊園地隣)

前橋市大手町3−15 ?.027-231-5792 

日程‖11日
13:00 受付
13:30 プロローグ「コミュニティシネマの運動からみえてきたこと」
茂木正男・岩崎ゆう子
14:30 映画上映?@ 『流れる』(1956年・東宝・116分)
16:40 ワークショップ・座談会 進行:小見純一

18:30 交流会/自由参加・会費制

日程‖12日
9:00 受付
9:30 レクチャー1 日本映画史 その1「映画をどう観るか」
講師:村山匡一郎

10:30 映画上映?A

12:30 昼食(各自)

13:30 レクチャー2 日本映画史 その2「戦後日本映画の変遷」
講師:村山匡一郎
14:30 映画上映?B
16:50 ワークショップ・座談会 進行:山田耕司


連続講座part2
「みる かんがえる」 日本映画史?U
日時‖2006年2月25日(土) 13:30-21:00 
      2月26日(日) 9:30-16:30

会場‖豊田屋旅館(高崎駅西口・市役所通り/ラジオ高崎 前)他
高崎市八島町68 ?.027-322-3137

日程‖25日
13:00 受付
13:30 レクチャー3「日本映画興業史」講師:佐伯知紀

15:00レクチャー4「製作・現場・上映活動」講師堀越謙三

16:30 映画上映?C「浮雲」(1955年・東宝・122分)
19:00 交流会〜ワークショップ・座談会 進行:茂木正男

日程‖26日
9:00 受付
9:30 レクチャー5日本映画史その3「日本/戦後/映画」
講師:村山匡一郎
10:30 たかさき街あるき「駅・商店街・城址跡そして映画館」
12:00 昼食(各自)
13:00 映画上映?D
15:00 座談会・総括「映画を知り映画を読み解く」 進行:志尾睦子・岩崎ゆう子


上映作品‖
「流れる」監督:成瀬巳喜男 出演:田中絹代・山田五十鈴・高峰秀子
「浮雲」 監督:成瀬巳喜男 出演:高嶺秀子・森雅之・岡田茉莉子
他全5作品

講師‖
村山匡一郎(映画評論家)
佐伯知紀(文化庁芸術文化調査官)
堀越謙三(ユーロスペース代表/プロデューサー)
岩崎ゆう子(国際文化交流推進協会映画事業課長)
ぐんまコミュニティシネマ/KARASU-ZA
茂木正男(NPO法人たかさきコミュニティシネマ代表理事)
小見純一(前橋芸術週間代表)
山田耕司(わたらせフィルムコミッション代表)
志尾睦子(シネマテークたかさき支配人)


参加費‖7,000円(PART1,2受講料・資料代PART2交流会経費等)
定員制○40名(原則として全日参加の方を優先させていただきます。)

申込締切‖2006年2月5日(日)
申込み・問い合わせ
●シネマテークたかさき
高崎市新町60-1一文字ビル1F
?、027-325-1744 fax,027-326-1311
mail: cinematheque@mail.wind.ne.jp
●フリッツアートセンター
前橋市敷島町240−41
?, 027-235-8989 fax, 027-234-8990
mail: pub@facfac.org

主催‖群馬文化会議/エースジャパン
後援‖群馬県/前橋市/高崎市
協力‖臨江閣/豊田屋旅館

注)やむを得ぬ事情により、スケジュール・講師等を急遽変更する場合がありますのでご容赦下さい。












ーーーーーーーー
ちなみに、この文章は、mixiのアートNPOフォーラムのコミュニティから、コピペさせてもらってます。(了承を得ています)
| artpro-ball | - | comments(0) | trackbacks(0) |
前橋アートコンペについて
初めて書き込みします榊原です。こんばんわ〜
みなさん豆まきしましたか?

先日4日に行われた前橋アートコンペ事前会議のことを
報告させていただきまっす。

まず、全体的な日程の流れは次の通りです。

3/2(木) 13:30 集合(参加できる時間からで可) 会場設営

3/4(土) 15:00 集合・準備
      16:30 受付・開場
      17:00 第一部開始 審査員3名による講演
      17:50 休憩
      18:00 第二部開始 審査員と参加者による質疑・座談会
      19:00 終了
      20:00 片付け終了後解散

3/5(日)  9:00 集合
      10:00 受付開始(〜12:30)
      13:00 審査開始(出品者の自作説明後、審査員からの
                          質疑、採点)
      16:30 審査終了→受賞者決定・審査員より総括コメント
      17:00 授賞式
      17:30 交流会(隣接レストランにて)
      18:30 交流会終了、撤去作業
      20:00 終了解散

このようになります。
ですが、これは昨年のタイムテーブルをもとにしているため、後々
変更になる場合もあるそうです。
2日の会場設営の際に詳しく説明があると思います。

また、5日の仕事分担も2日に詳しく決めます。
必要とされる係りは、受付係、作品担当係、作品保管係、ステージ係、控え室係、会場係、庶務係、採点係、授賞式係があります。


今年の応募はなんと230作品以上あります!すごい!
しかも、小見さん曰く今年は作品レベルも高いそうです!
この応募作品から30作品が一次審査(2月6日〜10日)で選ばれ、
5日の公開審査に進む、というようになります。

作品保管などの兼ね合いで事前に作品について知っている必要が
あることから、選考に残った30作品のデータをtamamurART用にいただける
ので、届き次第、みんなで見ましょう!ラッキー

審査員、作者、一般参加者、スタッフがこのような形で関わりあえる
イベントはなかなかないのではないでしょうか?
作品を箱の中でただ鑑賞するのではなく、作者の意図、審査員の意図、
心意気、一般鑑賞者の目・・・様々なものが目の前でぶつかる様を、
生で、しかもそれをスタッフという一歩コアに近づいた
位置から見られるなんてドキが胸胸しませんかっ?(しません)

もし参加に迷っているなら参加しちゃった方が絶対いいと思いますよ!

前橋に集合するのは次回は3月2日ですが、今月下旬に30作品の
データをみんなで見る機会を作りたいと考えています。

疑問点などありましたら、私の分かる範囲でですがお答えしますので
コメントなどお待ちしています。
| artpro-ball | - | comments(0) | trackbacks(0) |
踊りに行くぜ 前橋 
踊りに行くぜ! 前橋 ミーティング報告


*(仮)日程*

10月7,8日 (土、日)   踊りに行くぜ!
7月              チラシ制作 広報活動
5、6月            オーディション
3月上旬            オーディションチラシ製作 配布
                   
                ですね。


舞台候補地を列挙しますので、賛成とか、
他の場所やアイデアが あったら どうぞ書き込んで下さい!

高崎シネマテーク周辺
スズラン
前橋フリーズ周辺
高崎駅
電車内劇場列車
競輪場
移動巡行バス
温泉場
前橋児童公園
                   です☆
     
| artpro-ball | - | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>